感謝2014-06-16(Mon)

IMG_9394_sighn_1000_.jpg

神島塾二期生卒展 〜写真の事だけを考えた6ヶ月〜 が昨日で終了しました。
ご来場くださった皆さまとご関係者各位の皆さまに厚く御礼申し上げます。

そもそもこの機会に参加させていただいたのは1年前から学び始めた写真スクールを通して公募があり、
”写真家ならば作品を展示し、おのれを晒してこそ価値がある”と言うテーマに強く惹かれて興味を持ったのと同時に
”作品を通しておのれを晒す”ことの意味を知りたいと思ったことが応募のきっかけでした。
公募なのでスクールだけではなくて一般応募から選考された方もいらっしゃいました。
昨年12月のクリスマスの頃、私も選考枠に加えていただけたと連絡が来た日の夜はなかなか眠りにつけなかったのをよく覚えています。


”写真家ならば作品を展示し、おのれを晒してこそ価値がある”
言葉のニュアンスはなんとなくわかるけれど実際はどうなのか、果たして6ヶ月もの間、
集中して継続することが出来るのか当初は不安が入り交じる気持ちもありましたが
スタートするとここ1〜2年抱えていたもやもやした想いの部分はすぐに解消されて、
自然と常に前を向く気持ちが100%になりました。
受講生の一人一人を未熟ながらも作家として正面から真摯に受け止めてくださる講師と
ポテンシャルの高い仲間と刺激し合い切磋琢磨できた6ヶ月間は、私自身にとってかけがえのない経験になりました。

写真のことだけではなくて様々な視点や観点でものごとを観るということ、
それらが派生することの意味や繋がり・交わり

など普段の煩悩では考えないようなことを教わったように思います。
この感覚をこの先ずっと心の中に置いて行きたいと思います。


卒展開催時期は入梅雨の降雨や晴れ間の夏日もありました。
雨露に濡れてしまったりもしかしたら他のご予定がおありの方もいらっしゃったかも知れません。
そんな中に会場に足を運んでくださった皆さま、支え応援してくれた家族・友人知人と佳き講師と仲間、
告知などご厚意を賜わったご関係者の皆さま、ギャラリー及び作品制作・展示に関わってくださった
皆さまに心より深く感謝いたします。ありがとうございました。

写真のことだけを考えた6ヶ月間は昨日で終わりましたが今日からを新たなスタートとして位置づけたいと思います。
今日の掲載画像は出展作品6点と同じような感覚で同時期に撮影したものです。
出展タイトルは「Respiration (息づかい)」
近くにあるいつもの海で白波を追い続けた作品になりました。

| 写真展etc

WORKS

Yui (ゆい) ■Fleelance Photographer

name : Yui (ゆい) ■Fleelance Photographer
ご訪問くださりありがとうございます
海辺・風景写真をメインに綴るPhoto Blogです
よろしければどうぞお付き合い下さい

掲載画像の多くのものはクリックで(高画質)拡大表示
します.権利等は放棄しておりませんので無断使用等は
ご遠慮ください

■撮影、画像利用依頼などご連絡等はこちらにお願いします
   →

☆オフィシャルHP
Yui-photography